太陽光発電投資で投資を成功させる~ギラギラ太陽の力~

家

十分な知識で企業を選ぶ

電卓

太陽光発電の知識

不動産投資に比べて高利回りが人気の太陽光発電投資ですが、投資金額は少なくありませんので、実際の投資にあたっては不動産投資と同様に十分に知識を備えておく必要があります。一般的に太陽光発電投資における投資額は数千万円程度になります。投資期間も電力の買取期間である20年間と長期間にわたりますので、太陽光発電に関する知識を自分でも持っておかなければなりません。実際の売電にあたっては、ほとんどの部分を販売企業に任せることになります。そのため、太陽光発電投資を成功させるためには、販売企業の見極めがポイントになります。販売企業は、発電施設の設置だけでなく、電力会社との契約や将来的なメンテナンスまで請け負う重要な存在です。

販売企業の重要性

特に太陽光発電において重要になるのがメンテナンスです。不動産投資に比べると維持補修費が少なくて済むのが太陽光発電投資の大きなメリットですが、まったくメンテナンス費用がかからないわけではありません。太陽光発電システムは20年間にわたって使用しなければなりませんが、20年の間ずっと同じパフォーマンスを維持してくれるものではありません。定期的なパネルの清掃や不具合のチェックなどが必要になります。ただ、太陽光発電システムを設置する場所は自宅と離れていることが多いため、常に自分でメンテナンスすることは困難です。そのため、ほとんどの場合、販売企業に管理・メンテナンスをしてもらうことになりますので、企業選びが大切なのです。

物件を賃貸する

不動産

マンションを建築されてマンションを貸すことについては、不動産投資のポピュラーな方法です。しかし、効率よく不動産投資を行なうのであれば、マンション環境の維持が重要です。不動産会社を経由して見学に来た人が契約したいと思う維持管理をしましょう。

高齢者の増加

一軒家

少子高齢化の進展で既に住宅の戸数は世帯数を大幅に上回っています。空き家の多くは高齢者が住めなくなったために発生していますので、リフォームをして家に不自由している若年層に家を貸すことを行政の支援の下で実行する必要があります。空き家の有効活用は環境問題への対応にもなります。

家主さんに便利なサービス

電卓

賃貸住宅における家賃等の債権を確実に担保する方法として知られるのが、保証会社の活用です。保証会社は、万が一滞納などがあった場合は入居者に代わって支払いの義務を負います。家賃の収納を代行するサービスも手がけています。