太陽光発電投資で投資を成功させる~ギラギラ太陽の力~

建築

家主さんに便利なサービス

電卓

家賃債権をしっかり確保

賃貸住宅の経営者にとって最も関心の高い事項といえば、言うまでもなく月々の家賃が滞りなく納付されることです。滞納がしばしば起こるようだと収益が安定しませんし、督促にも余分な手間がかかってしまいます。ましてや債務不履行のまま入居者の行方が知れなくなってしまったりしたら、大きな損害をこうむることになります。こうした問題に対処するための手段として有効なのが、家賃保証会社の活用です。家賃保証とは、定例の家賃はもとより住戸の修繕費など、賃貸住宅に係る債務の支払い保証を専門に行うサービスです。不動産仲介業者の関連会社などが手がけることが多いサービスですが、中にはクレジット会社が家賃の支払いをカード決済にすることで事実上の保証会社として機能しているケースもあります。

収納業務の負担軽減にも

保証会社は賃貸住宅の家主及び入居者の双方と契約を結び、入居者が万が一家賃等の債務を履行しなかった場合は、入居者に代わって所有者に対する支払いを行います。また多くの場合、定例の支払いにおいては一種の回収代行業者としての役割を果たします。つまり毎月の家賃はいったん保証会社が代理収納し、その後家主に納付するという形式をとります。このことから、賃貸経営者にとって保証会社の活用は債務履行を確実にするための手段であると同時に、家賃収納に係る定例的な業務の負担を軽減する手段ともなるわけです。他に仕事を持ちながら賃貸住宅を経営する兼業オーナーの増加が目立つ昨今、保証会社の需要は今後ますます高まっていくものと予測されます。