太陽光発電投資で投資を成功させる~ギラギラ太陽の力~

建築

高齢者の増加

一軒家

空き家の増加に対する対策

世界でも例を見ない少子高齢化の進展が日本でも顕著になっています。住宅の状況は既に住宅戸数が世帯数を大幅に上回っており、空き家が増加しています。しかしながら若年層はバブル崩壊後の所得の伸び悩みによって住宅事情は以前より悪化しているのが現状です。若年層に高齢者が住まなくなった家を貸すというサイクルを定着することが今後の住宅市場の活性化に繋がる施策として有力になっています。最近は生活環境の欧米化により家を貸す場合には和室を洋室に変更するというリフォームが必要となりますので、公的資金の支援によってリフォームが円滑に行えるようにすることが重要です。リフォーム技術の向上によってこうした変更が容易く出来るようになっています。

一戸建て住宅の魅力

若年層にとっては空き家になった一戸建て住宅は子供にとっても住みやすく魅力的です。最近は子供の遊ぶ場所が少なくなっており、庭のある家に住めることが少なくなっています。高齢者が住まなくなった家を貸すことで子供の成長にも良い環境を提供することが出来ます。高齢者は若年層よりも裕福ですので家を貸す賃貸料も高く設定する必要がないケースが考えられます。世間相場よりも安く家を貸すことが出来るので若年層のニーズに合致する可能性が高くなります。日本は資源が少ない国ですから現在放置されている空き家が有効に活用されることは日本経済にとっても環境改善という意味でも有益に作用することは間違えありません。日本の勿体ないということを世界に発信する良い材料ともなり得ます。